八木整体のニュースレター 2019年4月号

オススメの健康法 「お腹周囲を減らす」

先日、大阪の実家でテレビを見ていたら面白いダイエット法がありましたのでご紹介します。「きくらげダイエット」です。(関テレの梅ズバ)1日に5gきくらげ(乾燥した重量)を食べるだけで食事制限は一切なし。きくらげは高血圧、高血糖抑制にも良いそうです。実際にLiLiCoさん&小田井涼平さん(純烈)夫婦は10日間「きくら」を食べて良い結果が出ていました。

きくらげは不溶性食物繊維が豊富なので腸の中で膨らみお通じの改善に。また、食事をとると

血糖値が急激に上昇し余分な糖分が脂肪に変わりますが、きくらげのβーグルカンという成分が余った糖質を包んで体外に排出。ですので血糖値の上昇を抑え糖分が脂肪に変わるのを防ぎます。 などなど良いことずくめ。

乾燥キクラゲの戻し方

栄養を減らさない為にお湯で戻さず冷水に6時間寝る前につけておけば朝には戻っています。戻したキクラゲは冷凍保存で1か月持ちます。これだけでお腹が凹み腰の負担が減るのなら。超お勧めです。

4月からの取り組み

足首サポーター「足首まもるくん」を作り出してかれこれ2年。  これまで気に入ってご着用頂きましてありがとうございます。良かった点だけでなくご不便な点もアドバイスを頂きまして反映していきたいと思います。特に、「5本指タイプのものがあればいいのに。」「サイズの大きいのがあればいいのに。」という意見が多かったので少しゆったり気味の5本指タイプの足首まもるくんを開発させて頂きます。今回は歩行だけでなくマラソンやランニングでも足や膝、腰の負担軽減に役立つものができればと考えています。

開発するに当たりましてご意見やアドバイスをお願いするかもしれませんがその節はどうぞよろしくお願いします。

足首まもるくんを着用して全身のバランスを整える健康法

皆様は後ろから見てアキレス腱はまっすぐになっていますか?

また、靴底を見ると外側もしくは内側が磨り減っていませんか?

右アキレス腱がくの字や逆くの字に曲がっていると歩いたり走ったりするとアキレス腱や踵に負担がかかり続きますので膝や腰を痛める原因になります。

それを足首まもるくんが守ってくれます。新しいタイプは踵骨と距骨、アキレス腱を着圧することで運動時にアキレス腱がくの字に曲がるのを少なくします。オススメのエクササイズはこれを履いてカーフレイズ。アキレス腱をまっすぐした状態をキープして踵の上げ下ろしを行うのがコツ。続けると、踵骨と距骨の位置が安定してきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です