オンライン整体の運営と集客サポート

メディア掲載情報

八木整体のコンセプト

足の重心を整えて安定姿勢と歩行をサポート

足首捻挫人口は年間約360万人。そして再発率は約50%と言われています。
その要因は立位時や運動時の姿勢安定性の低下によることが大きい。

姿勢が不安定になると足関節をはじめ、膝、股関節、腰、肩、頭までのバランスが崩れますので、そこから不定愁訴を招くことが多いです。

足首捻挫の後遺症として足関節を守る靭帯が緩くなってしまうのは止むをえませんが、実は足関節の歪みを修復していないまま生活を続けると、膝や股関節、腰を痛める原因に。

そこで、当整体の施術におきましても足関節の歪みを矯正して体全体のバランスを整えることを重視しています。

左右足のバランスが良い状態で過ごすと全身が変わり始めます。

八木整体の事業内容

整体技術のオンライン化

「新型コロナウイルスの影響で整体院にお客様が来てもらえなくなった。」

「対面式をずっと続けていくのはたいへん。」

「まわりで整体をオンラインで行っている先生がいないので信じられない。」

と思われませんか?

このままではやっていけない。なんとか現状を打破したい。

そんな整体先生の為に指導をさせて頂いております。

整体技術オンライン化のメリット
1)コロナを心配せず安全な環境で安心して取り組める。
2)離脱客を少なくすることができる。
3)新しい売り上げの柱を作ることができる。

整体院のオンライン集客

アフターコロナ、with コロナでどうしても整体やマッサージを控えてしまう人が多いです。ところが、自粛生活で以前よりも肩こりや腰痛、膝痛で悩む人が増えています。さらには自粛太りで困っている人も多いです。

このような症状を改善して心身共に快適に過ごしたい!

という潜在需要は増えています。

また、在宅で過ごす時間が増えたり、スマホでつながる時間も長いですので、オンラインでつながりやすくなっています。

1)どのようにしてオンラインで集客するのか?

2)どのようにして離脱客を少なくするのか?

3)どのようにしてリピートしてもらっているのか?

4)アナログよりもオンラインの方がリピート率が良い?

5)無料でオンラインで集客する方法

について知りたくありませんか?

ご希望の先生には無料でプレゼントさせて頂きます。

整体オンラインのサポートを受けられている先生の感想

整体オンラインのコンサルを受けてアナログの新規客のリピーター率が10%から66%に増えました。N先生

整体オンラインのコンサルを受けて見込客ターゲットが明確になり既存客のリピーターが増えて忙しくなってきました。k先生

整体院の運営

2002年より和歌山市の花山温泉にて整体道場を運営。
温浴施設ではリラクゼーションなどのもみほぐしの施術が大半ですが、
慢性症状で悩んでいる方々は体の歪みが多いことに気づき、整体を強化していった。

整体を運営していくにあたり足のトラブルのある方とご縁があり、
足から全身を整えていく足首整体を行っている。

重力のバランスをサポートする健康グッズの開発と販売

私達は地球の重力に抵抗して生活をしています。それに順応して筋肉も発達しますしバランス感覚も養われます。想像してみてください。

月面で生活しているシーンを。宙に浮いたような妙な感覚を体感することでしょう。

月面は地球の重力の1/6と言われています。体重60キロの人は10キロしか荷重がかからないことになります。すると抗重力筋はどんどん退化していきます。

ここで地球の重力を再認識できたことと思われます。60キロの体重の人は立位で60キロの重さが地面に伝わり、反発して60キロの重さが地面から体に伝わってきます。

この時に骨盤や肩甲骨、頭の位置が地面と水平ではなく左右どちらかに傾いていると背骨も傾きます。

それを特定の筋肉で支えようとする為に首や肩、腰、膝に無理がかかってしまうのです。

言われてみればそうだなあと思うのですが普段はあまり自覚していない人がほとんどではないでしょうか?

また、意識して骨盤を地面と水平な状態を保とうとしても持続しないと思います。

そこで考えたのが「履くだけで骨盤の傾きを水平化する足首サポーター」を開発。

整体院や整骨院でも骨盤の歪みを整えその状態を保つことでお客様からも喜んで頂いております。

従来の足首サポーターは足関節全体を固定してしまうものが多く、
足関節の過剰な内反や外反を防ぐのには役立つが、本来の関節の動きに制限がかかる為に運動時に膝や股関節などに必要以上の負荷がかかってしまう。それに対してこの商品は足関節の過剰な内反や外反を防ぐと同時に本来の足関節の機能を維持するように考案。

座っている時は坐骨が椅子の接地面になります。

座っている時も左右どちらかの坐骨に荷重が傾くと腰や首に負担がかかってしまうことになります。

寝ている時は頭から足までの背面が地面と接地面になりますので立位や座位ほど接地面への荷重はかかりません。

ところが、マットレスが柔らか過ぎると腰が沈み負担が大きくなります。

また枕の高さが合わなかったりすると首や肩に負担がかかるだけでなく気道の通りが悪くなって睡眠の質が悪くなります。

このように24時間の中で立位で活動している時、座位で仕事をしている時、寝ている時の体全体の重心バランスをサポートしてより快適で健康的なライフスタイルに貢献できましたら幸いです。

整体院、サロンの先生におかれましてお悩みごとがございましたらお気軽にご相談ください。

 

個別無料相談申し込みフォーム

一番悩んでおられることは?