深呼吸しやすくなる バランスベルト

マスク生活でこんな悩みはありませんか? 

デスクワークでの「ストレス」「肩こり」「背中の張り」・・・

下記の症状で思い当たることはありませんか? 

「物事の無関心」 「集中力の低下」「疲れやすい」 「不眠」 「肩こり」

背中の張り」 

もしも1つでも当てはまるなら、息を吸う時に鎖骨下の胸の筋肉に手を当てて見てください。 この時にこの筋肉が大きく動いているなら胸で大きく息をしているかもしれません。 

 

バランスベルト装着感想3選

第3位 息が吐きやすくなった 

第2位 寝入りが良くなった 

第1位 便通が良くなった

ベルトをつけると深呼吸がしやすい!

ベルトをしないで息を吐き深く呼吸をしようとしていましたが、
ベルトがある方がより呼吸を意識したりどこに力を入れるかがわかり息が吐きやすいので、
深い呼吸がしやすいです。ありがとうございます。
眠りに入りやすいので、助かっております😌
眠る時も着けさせて貰っています。」

「深い呼吸がしやすくなり眠りも良くなった。 53歳 主婦」

腰の負担が減った!

「少し使用しましたが姿勢が良くなり胸が開く気がします。
また、前かがみになる時にお腹を中心に前にかがむので背中への
負担がないように感じました。」

「つけてる時は腰が安定しました。
腰痛が酷すぎる時には、このベルトをしてコルセットをすれば
かなり楽になりました。」

「着用している時は腰の痛み(坐骨神経痛)が緩和した。
ただし、外すとまた痛い。 58歳主婦 」

「腰痛と膝痛があり、あれをすると背筋が伸びて脚がしっかり着地するので
歩きやすくなった。また、荷物が持ちやすくなった。 70歳 男性」

「脊柱管狭窄症で足がしびれ、休憩しないと歩けなかった人に装着して
もらったら少し長く歩けるようになった。 61歳男性 トラック運転手」

こんにちは。ベルト、主人がつけて、動画をみながら呼吸を行ったところ、
ほんの5分くらいで、お腹まわりが5センチ減っていました‼️
着けると腰痛が楽になるそうです。
また、1日中つけていると、丹田の部分の跡がついた、ということでした。
きつく締めすぎたのもあるかもしれないです。

便通が良くなった!

「 商品化、おめでとうございます〜!!
あの後1ヶ月間毎日着けてました。1番の変化は便秘解消でした
便通の変化は大きかったです。それとお腹に意識をするからか姿勢の改善も感じました。」

「先週前半は、ベルトのおかげで腸の調子も良くてぐっすり眠れてました。」

「便が出過ぎて困りました。 整体の仕事をしていて施術中にトイレ行きたくなり困りました。」

寝つきが良くなった!

「不眠症の人が眠れるようになった。
ちょいちょい夜中に起きた人が朝まで眠れるようになった。
こむら返りも消えた。 65歳 女性」

「こんにちは、現在は寝つきがよくなりましたが、まだ睡眠時間が短く、
途中で目が覚めます。丹田呼吸を意識して練習しています。
せめて5時間位は一気に寝られるように運動したおと思います。」

「寝る時に装着することで違和感なく眠れた。
途中でトイレに行かずにぐっすり眠れた。 62歳男性」

※個人差があり、効果を保証するものではありません。

バランスベルトの装着イメージ

バランスベルトの装着方法

 

 

 

バランスベルト開発の思い

2020年4月に緊急事態宣言が出され、5月末まで整体院を休業していました。

6月から営業を再開し、実際に整体を受けられるお客様を施術していると以前よりも首や背中の筋肉の張り方が半端ではないことに気づきました。 

これは明らかにマスク生活により浅い呼吸が習慣してしまったからと思っていました。

2013年と比べると2020年はうつになった人が2,2倍増えています。その背景にはマスク生活による浅い呼吸が関係しているかもしれません。 

うつ状態の人の特徴はこのような状態です。

浅い呼吸をしているときは首や胸、肋間筋をたくさん使って息を吸い、横隔膜をほとんど使っていない呼吸になります。 

そのため、頻繁に首や胸、肋間筋を使い、首や肩が張ったり背中の筋肉が張ります。これらの筋肉がかたくなるとますます呼吸が浅くなる為に体調を崩してしまいます。

 

ということで呼吸を整えようと意識するもののなかなか定着しません。それはその時の気分や感情、姿勢によって呼吸が変化するからです。 

 

そこで、できるだけ意識しなくても自然に深い呼吸しやすくするベルトを考えました。

デスクワークの時も寝ている時もゆったりした呼吸がしやすくなる為に「丹田」に圧が

かかるベルトを考えました。 丹田とは臍下約5cmの所にあるツボです。 

ここに圧を加えると腹横筋に力が入りやすくなります。 この筋肉が収縮すると呼気がしやすくなります。 呼気が長くなると自動的に横隔膜が大きく動き出します。

有酸素運動と腹式呼吸を中心としたリラクゼーション週2回、8週間続けると、うつ病参加グループの21%が軽減したというデータがあります。 (アメリカ ラトガース大学の研究チームの実験引用)

 

さらに、横隔膜が大きく動きますとこんなメリットがあります。 

腹圧が高くなります。 それによりお腹の中の血流が良くなります。

首や胸、肋骨の筋肉を多く使わなくて済みます。 

内臓が刺激されます。 

内臓の血流やリンパの流れが良くなります。

 

深呼吸を習慣化してカラダも心もスッキリした生活にお役に立ちましたら幸いです。