公式LINEの登録

訪問して頂いてありがとうござます。

1ケ月整体プラスアルファ20万円以上の売上を作る為の

「オンライン整体構築」教科書PDF版

こちらはLINEのお友達追加でご覧いただけます。

そして、さらに腑に落ちたい方は

不定期で開催している勉強会が腑に落ちます。

友だち追加

スマホでそのまま読み取る際は

①このQR画像をスクショ

②Lineアプリを起動

ホーム画面上にある友達追加のアイコンをタップ

自己紹介

オンラインO脚整体構築のサポートをさせて頂いています、八木隆雄です。私はこれまでに15年間で4406人のオンラインでO脚を正す指導をしてきました。

私がO脚整体をはじめたのは2003年でした。当時、ホームページから整体に集客しようと考えた時にイメージでお客様は判断するだろうということで猫背矯正や姿勢矯正のコースを作って公開していました。

当時はメルマガがメインの集客の媒体でしたので、まぐまぐに登録して毎週1回「嫌なスタイルから変身!」を配信していました。

そのなかで、モデルのように均整の取れた姿勢を自分で作っていく為のノウハウをじゃんじゃん出していました。

最初は実績がなかったので、既存のお客様にお願いして施術前後の写真をデジカメで撮ってホームページに公開していました。

すると、和歌山だけでなく大阪や奈良からも来院するようになりました。

せっかくなのでO脚もやってみようということで、モニターを募集して毎週1回ずつ来てもらっていました。O脚の直し方なんて当時、情報を集めたもののほとんどなくて我流で行っていました。

O脚の人は太ももから脛までパンパンに張っているのでしっかり緩めてはみ出した腓骨をおさめる手技とそれから骨盤の歪みを整えてました。

確かに、施術を行うと仰向けの状態で良くなったように見えるものの、立ったらまたO脚に戻される。おかしいなあと思いながら繰り返していました。

体操も必要じゃないか。

ということで、医道の日本社の教材や書籍などから情報を収集しました。

当時、O脚を直す代表的なものは立位で両膝を曲げ、両膝を揃えた状態ので屈伸運動でした。

モニターの方に行ってもらったものの一向に良くならない。

そして、半年が経ちました。

O脚の整体ってこんなに難しいものなのか?

2003年の秋頃にピラティスが日本に上陸してまもない時期でした。 私はこれだと思い横浜まで行って習いました。男性は私1人でした。ヨガのインストラクターやジムのトレーナーの女性ばかりでした。

ピラティスインストラクターは女性なのにボディービルダーを思わせる筋肉質の先生が登壇に立って挨拶をしていたのが印象的です。

京都から習いに来られていた女性の方はピラティスでO脚がましになったとおっしゃっていましたのでO脚改善に役立ちそうなエクササイズでメニューを組んでお客様に実践してもらいました。

ところが、ピラティスのメニューを組み合わせたものでもO脚はなかなか改善しませんでした。

年が明けた1月2日。整体の営業は1月2日から始まり、終わってからきらく湯というスーパー銭湯に行きました。露天風呂に行く途中、外は寒いので駆け込んでいった際に転倒して右足親指の爪がはがれました。

右足親指の爪をはがすとあまりにも痛くて親指側に体重をかけることができません。
外側の方に体重をかけて歩いたりする生活をしているといつもの間にかO脚になっていきました。
「これはまずい。何とかしなければ。」
この時、アイデアが浮かびました。
「自分のO脚を自分でのあすばいいじゃないか。」

痛みが治まった時点から取り組みました。

O脚になった原因がわかったのでそこを解決していけばということでバランスを崩した足の重心、
脚の使い方、脚の歪みなどなどを直す体操を組み合わせていきました。

また、今まで座って行っていたものを立って行うようにしたり・・・

そして、ついに自分のO脚をある程度まで直しました。

これの体操方法を既存のお客様に実践して頂きました。

すると、その場で一時的にO脚が正されて中には自宅の体操だけで良くなった人もできました。

この方法なら軽症タイプのO脚はどんどん良くなるということで、一時的に正されたO脚の写真と2週間取り組んで変化した写真をホームページに載せていきました。

すると、和歌山だけでなく名古屋、東京と他府県の人から自分でO脚を直す講座を開いて欲しいということで講座を作りました。2006年5月に。そこから自分でO脚を正す指導をインターネットのメールのやりとりで行ってきました。

メールで個別にO脚の画像を送ってきていただいて。それを見て姿勢分析をしてプログラムを作ってやり取りをしていました。 朝の4時まで起きて行っていた日もあり、時折高熱を出して寝込んだこともありました。

2020年4月にはコロナの感染が拡大して、現場だけではいけないということでZOOMを使い始めました。そして、今までメールで行っていたものをZOOMに切りかえました。

すると、O脚を直す指導がリアルタイムでできるのでものすごく便利に感じました。

エクササイズやお客様の癖をその場で見て修正できますので、1週間以上かかっていたものが30分から1時間以内に収まりました。

これをきっかけに現在はZOOMでO脚を直す指導をしています。

また、整体の先生がO脚を習いたいということで現場に来ていただいていましたが、現在はZOOMを中心にオンラインでO脚を直す指導もさせて頂いております。

 

ZOOMを使うとO脚を直す指導がものすごくしやすくなりました。 実践してみないとわかりにくいですが、メールで送って頂いた画像と文面だけで行うのとでは全然違います。

また、お客様がすごく喜んで感動して頂いているのが画面を通じて伝わってきます。

このような体験を先生と共有できましたら最高です。

 

 

 

友だち追加

 

3日間でオンライン整体の売上を構築する教科書プレゼント

 

ZOOM整体の実績を一部公開します。

 

 

 

なぜ、「オンライン整体の構築」を運営するのか?

社会環境を取り巻く中、巣ごもり市場が急速に伸びています。

 ※株式会社ジグザグより引用

そこで、私はZOOMを使って整体やサロンの集客から施術、リピートのしくみをオンライン化する講座を行っています。これからさらに伸びると予測されているオンライン取引の仕組みを私と一緒に構築していきましょう。

 

整体をオンラインで運営するメリット

移動時間が短縮します。

店舗まで来店してもらわなくてすみます。また、出張でお客様の自宅に訪れなくてすみます。

賃貸料がかかりません。

ZOOMの有料バージョンでも年間2万円。店舗家賃が月額10万円ですと年間120万円かかりますが、 2万円ですみます。

外出を控え自宅で過ごしている人が多い。

外出を控え自宅で過ごしている時間が長いとネットで物を買って自宅でできることをします。

在宅ワークで体を崩して過ごしている人が多い。

在宅で過ごすリモートワーカーは昨年よりも体調を崩している人が多い。肩こりや腰痛だけでなく運動不足によって体重増加になった等体調を崩している。

ということで、在宅で健康や美容の悩みを解決する市場は今後伸びていくことでしょう。

でも、ZOOMを使って整体をするのはむずかしいのでは?

確かに患者様の体に直接触れずにどうやって行うのか。気になりますよね。 

その答えは無料レポートでお伝えします。